人工知能囲碁で人間に勝つ

人工知能の支配来るか?
想像はし難い

人工知能が囲碁で人間のプロ棋士に勝ったらしいね。
いよいよ人工知能の脅威が近づいてきたのか?

理論的な思考だけでなく、人間の勘?といったものまで持つ事出来るかもね。

レンジでチンした後、放置しとくとピーピーうるさくてイラっとくる。
人間は忙しく他の事もやっているから、手が離せないのにピーピーピーピー・・・
わかってるっつーの!

こういったこっちの都合もおかまいなし。
取り出すまで定期的に鳴き続ける。
これが人間だったら、相手の様子を伺い判断できる。
人間が個人個人で活動し、同じような事柄でも別々に判断するってよく考えるとすごい事だよな。

囲碁の派生パターンは相当多いらしいが、日常生活のパターンは囲碁の比ではない。
囲碁で人間に勝ったというのも、単純にパターン処理の量の差では?

囲碁にはルールがあるが、現実世界にルールは無い。
つまり、起こり得る事は無限に近い。
ルール上は碁石は盤上から出ることは出来ないが、碁石が無くなる、石が砕ける、石が飛んでく、盤が割れる、盤が燃える、果てはミサイルが入ってくる・・・とか?

それこそ、囲碁の勝負のパターンプラスこれら予測できる事から予測できぬことまで、起こり得る事を考え出したら、その派生は限りなく無限に近い。
まあ、全てを把握し考えられるとしたら、もうそれは神といってもいいだろうけどな。
ここまで来れば人間を越えたと言えるだろう。

微細な状況判断を機械自らできるようになるとは、今のところやはり想像し難い。
まだそのレベル?といったところか。
日常の、自己だけでなく、無数の他と折り合いをつけながら自立し判断できるのかね?
この辺は、まだまだ人間に及ばない気がする。

まだ外部から与えられた情報で動いているんではないだろうかなとは思う。

でも、着実に人間に近づいているんではなかろうか?
単純な処理能力では負けてるしね。

臨機応変さといえば良いのか?
こう考えると、なんとも言葉では言い表せないよな人間の思考や意思って。
よく、虫などの生態が機械的とか言うが、虫だって個別に動いている。
誰からの外部情報ではなく、本能でそれぞれ動いている。

どこまでできているのか分からないが、機械はまだ自立して勝手には行動できていないだろう。
生物以下って事だ。

そう考えると、人間のように訳分からん事を考える様な事。
感情の機微と言えばいいのか?
それを、自ら生み出せるものなのか?
虫のような単純行動の生物に出来る事が出来ないのに?


人工知能が成長を勝手にしていく事が出来れば、本当に脅威な気がする。
人間が人間の事考えても複雑でこんがらがってくるのに・・・

あと二十数年くらいで人工知能が人間越えるとか言われているが、自ら目的?感情?意思?
上手く言い表せないが、これらみたいなものを見つける事が出来てからだろうね人工知能の変化は。
自らが成長し、自らを生み出すようになったら、もう“作られた物”とは呼べなくなるな。

果たして、完全自律の人工知能は生まれるのかね?
今のところ、囲碁に勝ったくらいではまだまだ見えんな







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ちっぽけな
このこころざし
宇宙に届け

いやなにきび
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
検索フォーム
いろいろ語ってます

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
仕事中震災に会った