サル以下の生命体に世界を仕切らせるから歴史は繰り返す

人間は欲望をコントロールできないのだから支配階級に立つべきではない

なぜ人間って欲望も抑えられないクズばかりなのだろう?

性欲も抑えられず、痴漢だの下着ドロだの、
自分の快楽を得る為に薬だの酒だのタバコだの、
酒はいいとして、飲んだら乗るなも守れず飲酒運転。

飲んでも手軽に乗れる自動車に乗らない選択も出来ない。
手軽に乗れるのだからな。
公共交通機関や徒歩など面倒くさいもんな。

逆に言えば手軽に乗れる事を手軽にやらないことも出来ない。

そんな小さな欲求すら我慢も出来ない。
そして身の破滅。
無能すぎるだろ。

自己の破滅だと分かっているのに欲望を抑えられないサルばかり。
まあ、分かってないサルも居るがな。
と言うかサルにも迷惑だな猿に例えるのは。

知的生命体などと聞いて呆れる無能ばかり。

そんなに欲望のままに生きたいのなら、世界征服してからやれよと思う。
まあ、人間である限り征服は絶対にできないがな。

こんなクズと同じ種族だと思うと・・・

何も学ばない、経験しないと解かりもしない。
想像も予測もできない、考える事も出来るのにしない。
他人に合わせるだけで自ら動かない、動けない。
何かに頼る縋る。

考えられる知能がありながら、この体たらく。
そして、何かあれば他人の所為、社会の所為。
己を省みる事も出来ないクズ。
他を悪とし、我侭言っているだけにも拘わらずそれを理解しない。

これが人間

賢者は極僅かだろう。

世界は無能で溢れている。
多数が力を得る世界は、無能で支配されていると言っても過言ではない。

己の欲望も満足に抑制できもしない知性もないような生命体が世界を仕切っているのだから、不満でテロが起こるの当たり前。
現存する世界のリーダー達は早々に滅びるべきなのだよ。

そのときが近づいているのかもしれない。

無能がこき下ろされ新たな無能が人類の指導者になり、またこき下ろされる。
人間は権力を持ったら余程の善でも悪になる。
善で革命を起こしても、それは己が下の地位だからだ。

己が上の地位に成ったとき、人間は権力という欲望に抗えない。
力を手に入れ我侭を通せ、思うがままに欲望を満たせればどんな賢人でも欲望に従うのだ。
人間が自己の幸福に生きる生物で居る限り。

人間が他の幸せを望む事はない。
他の幸せと勘違いしているに過ぎない。

他の幸せを願うときは、己の幸せが関わる時。
それ以外では有り得ないのだ。

これを否定する人間は確実に欲望に堕ちる。

どんなに綺麗事を述べようが人間とはこういうものだという本質を理解できていない。
他の幸せが自己につながるからもののついでなのだ、他の幸せなどな。
他の幸せのために自分が死ねと言われて死ぬ奴などそうはいない。

本当に自己と切り離し、他の幸せを望むのなら喜んでその場で自害するはずだ。
他の幸せを真に望むのなら自己など何処にも在りはしないのだから。

しかし、そんな人間はこの世界は居ない。
居たとしても探すのは難しいくらいの少なさであろう。
人間は自己の幸福のために生きているといっても過言ではない。
自分の利益の為ならその他のものに興味は無いのだ。

そしてこれを理解したうえで動ける者などこの世に居ない。

人間が人間を支配している以上、支配に反抗する者が居なくなる事は無い。
なぜなら人間は自己が一番の優先事項だからだ。
自己の利益にならない他人の我侭など受け入れる器量は持っていない。

当たり前の事だ。

不完全な生物に支配されて誰が納得出来ようぞ?
もう人間が人間を支配するべきではないという事をいい加減人類は学ぶべきなのだ。

そもそも人間が同じ種の人間を支配しようとする時点で、それはその人間の生を己の利益のために利用しようとする欲望の現われだ。
それがお互い思うことなのだから争いはなくなることはない。

所詮欲望に支配された奴隷でしかない人間が支配階級などおこがましいのだ。
だから人間は自分達より高位な存在、不完全な人間が作り出した“神”というものを創り出し崇める。

私に言わせればこれも愚の骨頂だがな。
自分で考える事も止め偽りの支配者に跪いたところで物理的恩恵などありはしない。
精神の安定、要は気休めでしかない。

実にアホらしい。

どちらにせよこのようなアホしか居ないのだよ人間は。

支配している気になっている無能な人間、そして無能と思い見下してきた人間に足元をすくわれ、殺される。
なぜなら支配者気取りだが、奴隷と同じ矮小な人間だから。

偽りの支配者を据えて偽りの心の救いに逃げ込み現実からは目を逸らし偽りの幸福に縋る無能。
所詮無能なものが造りし神など何もしてはくれない、何も成し得る力など無い。

この無能同士の争いは見てて滑稽だ。


人類に人類は支配できない。
必ず反乱は起こる。
なぜなら不完全なものが不完全なものを支配などできはしない。

真の支配者が現れたとしたら、我々が想像も理解も出来ない。
正に人智を超えた存在だろう。

人間に出来る事はお互いが不完全な故、殺し合って増えすぎた不要なゴミを掃除するだけだ。
そんな頭脳しか持っていないんだよ、お前らは。


歴史も学ばず同じことを繰り返し殺し合って不要な無能を殺しまくって私の住みやすい地球にする為、せいぜい頑張ってくれたまえ。


・・ククク





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


tag : 人間

コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ちっぽけな
このこころざし
宇宙に届け

いやなにきび
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
検索フォーム
いろいろ語ってます

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
仕事中震災に会った