人間社会で存在価値がなくなりつつある人間の男という存在

男の価値って無くなって来たよな

悲しいかな男の存在価値が段々無くなって来た。
男女の違いでよく挙がるのは物理的な力の違いだろう。
まあ、女は本気を出さないだけで男並にはあると思うが、力仕事は男の専売特許のはず。

その力を使う肉体労働が機械の普及によって無くなって来た。
昔は狩りなどで肉体労働している男の代わりにその他の細かい仕事は女がやるといったイメージ。

現在はIT等の仕事が増えてきて男の本来の持ち味である肉体労働が減ってきた気がする。
それに肉体的にきつい仕事なんぞ誰しもやりたがらないしね。
きついから、楽するために機械を開発してきたんだし。
もうすでに男の仕事は取られている様な気がする。

女性のほうがPCカタカタやってるの向いてる気がするし。

キーボードが本当にやり難い。
なんでボタン?が小さいんだ?
男の指に合ってないんだよ。
隣のと一緒に押しちゃうし、指の太さに合わせろや!と言いたい。

こんな繊細な作業はおじさんにはできないな。
肉体労働者はただでさえ指が発達してくるからな。

おじさんとしては、このコンピュータ時代に置いてけぼりを食らった感じだよ。

そして、最近の男性は中性的な人が増えてきたのではないか?
オネエだの化粧男子だのと・・・

もう本当の意味での"男らしさ”っていうのは失われつつある。
女性に対しての需要も、むさい男は要らなくなってきてるのかもね。

今ではどんな仕事も女でも出来る仕事ばかり。
体より頭を使う仕事だ。
頭を使う仕事は女のほうが繊細なことが出来る。
本当に男は要らなくなってきたな。

男にしか出来ないことって何も無い。
女は子供作れるし。



仕事が生き甲斐とか言ってる男は本当に要らない

じゃあ、仕事がなくなったらどうするの?
もうやり残したこと無いよね?死ぬの?

自分の存在価値を仕事に見出してる男ってなんなんだろうか?
好きなことで自分が経営してるなら良いけど、ただのサラリーマンで雇用”されているだけ”なのに仕事優先してる奴はおかしい。
本来の"人生”を投げ出し、仕事というものに逃げてるようにしか見えない。

このことからも、世の中見てると男って必要ないな~と思う。
そんな生き甲斐の仕事も奪われ、定年迎えて家でごろごろされたら嫌になる女房の気持ちが良く分かる。

男は仕事しか出来ない上その仕事さえ奪われたら存在価値すらない。
三食飯の仕度、掃除洗濯家事全般もやらないでごろごろされたら堪ったものではない。
酷い奴は出かける為の身支度も一人で出来ない。
男の私でもこんな男は嫌だね。

仕事をやってるから、家事は世話しているんだよ。
その仕事から解放されて暇なら自分のことくらい自分でやれと。
女房には定年退職は無いのだ。

仕事だけやってりゃいいと思っている無能は熟年離婚されるのも分かるね。

貰える年金も少なくなり、仕事の無い男など本当に無価値だと思う。
金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったものだな。
この辺を見ても、低収入なうえ家事のような細かい事をきちんとできない男は世界には必要ない。

愛情があるだのと考えるのは男の独りよがりだ。
女は男が冷めるほどに現実を見ている。

男より女のほうが意外とクールでドライだ。
世の中の大半は自分の生活維持が優先なのだ。

これから女が稼ぎに出る事が当たり前のようになれば、女は自分一人で生計は立てられる。
今までのように男に頼る必要は無いのだ。

そして、男女共にお互いが不必要な存在になり、子供を生めない男は滅ぶ。
女は一人で子供を作れるようになるのでは?
無性生殖のように体がそうなっていく。
進化かどうかは分からんがね。


そうなったらすっきりして良いような気がするんだけどな~
男女間の問題も解決だしね。
不倫が駄目だのなんなの言うなら男も女もお互い関わらなけりゃ良いのに。
人間って馬鹿だと思うわ。

お互いを理解できないなら、当たらず触らずは定石だろ?
理解できんわ。

このまま片方、必要無い方の男が地球上から消えればせいせいする。
本当にくだらない痴情のもつれなど見ていて醜い。
本来子孫を残す生殖行為にくだらん感情を持ち込むべきではない。

多くの馬鹿な人間は愛だの恋だのという幻想に惑わされているに過ぎない。

子孫を残すことがそんな面倒では誰も残さなくなるだろう。
ならば単独で子孫を残せるようになったほうが合理的ではあるな。

馬鹿みたいな倫理観というものに捕らわれるくらいなら単独での繁殖になってほしいものだ







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


tag : 人間

コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ちっぽけな
このこころざし
宇宙に届け

いやなにきび
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
検索フォーム
いろいろ語ってます

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
仕事中震災に会った