地震で避難生活子供は楽しいだろうな

非日常は楽しい

俺「おお、やべーよー」

友人A「うぃーっす」

友人B「どうなんべや?」

友人C「やばくね?」

友人D「うぃうぃうぃ~」

って感じだろうな?子供の会話は。


あんなところでわいわいやらんもんな普段。
で、見慣れた顔に会ったらこんな会話になる。

ところが、大人は悲壮感漂う。
家が潰れりゃ生活や金銭面の心配、他人と夜中まで一緒に居なけりゃならん煩わしさ。
大変だよな。

子供の頃に災害は遭っとくべきだわ。
子供の頃ならこういうの平気だもんな。
2~3日くらい野宿とかやってたもんだ。

大人になってから、特に年取って避難所すし詰めじゃストレス溜まるわな。
土べたでも平気で眠れるようにならなけりゃ生きていけんな。

枕が替わると寝れん?
だったら死ね。


どこでも寝れるわ。
樹海でもゴミ箱でも。
学校とかだったら屋上で寝れるな。

昔、夜中から渡り廊下で寝てたら朝練来た奴に見られたな~

まあでも見ず知らずの奴等と一緒が嫌なんだろうな。


子供は羨ましいわ。
体力あるし、生活の心配もないし。
根拠の無い自身もあるしね。

避難所とか居ないで外探検しに行くだろうな私だったら。

大人には大変だが、子供は滅多に体験出来ない非日常を味わえ楽しいはず。
こう言っちゃなんだが、子供の頃に色々体験しとけば年取っても対処できるもんだよ






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ちっぽけな
このこころざし
宇宙に届け

いやなにきび
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
検索フォーム
いろいろ語ってます

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
仕事中震災に会った