正社員だからって何でもやらなければいけないと思っているのは昔からの経営者による洗脳だ

もう中年は毒されているから若者に期待

よくアルバイトと正社員で責任が違うとか言ってる人がいるが、何が違うのか?
アルバイトも正社員も雇われて仕事してるのだから責任は同じ。

正社員だからと言って会社の用意する仕事に責任を持つなどナンセンス。

責任を持たなければならないのは、代表取締役以下、役職についている者のみ。
社員が自ら動いて仕事をするようにしている会社は根本的に間違っている。

平社員は“言われた事だけ”をやればいい。

なぜなら、雇われている以上その仕事において取捨選択の権利がない。
経営の根幹に携わっている人間が仕事を用意し、その仕事を任せるために“雇う”わけだから、業務に責任が発生することを自主的に行う必要はない。

自主的に考え仕事をする必要はないのだ。

そもそも、それは雇い主の仕事であり、その責任も雇い主にある。
平社員に「自主的に仕事しろ」というのは経営陣の怠慢と言えよう。

役職と平社員の給与待遇が同一ならばこの意見は成り立つ。

が、現実はそうではない。

それなりの差が報酬についているのに、責任は同等か、やった本人がとるといった考えが根付いている。

経営者が“自分の”仕事を任せている以上その責任は“自分”である経営者に行くべきだ。
それが嫌ならすべて自分でやれ。


それなりに職場を渡り歩いてきたが、やはり実行者(平社員)のミスは全て実行者に行く気がする。
損失補てんは会社なのだろうが、責任は本人、謝罪も本人にさせるところが多い。

常識的に考えると、一緒に当該社員を連れて行くのは構わないが、中心となって謝罪するのは経営者だろう。
「こいつのミスですみません」とどこか他人事。
会社全体として、その長に責任があるとし、経営者自身の責任として謝罪する経営者が殆どいない。


まあ、そのミスの内容にもよるが、会社運営を左右するような重責な仕事をやらせてたとしたら雇い主の責任放棄とも言える。
こういうところは役職と平社員の区別がついていないのだ。
給与は違うのにね。

平社員は基本的に言われたことをやっているだけで、その過程において言われたことをやっていてのミスならば、責任はない。
責任があるとすればその仕事を用意した雇い主だ。

平社員が言われた仕事以外の事でミスをしたなら追及できるが、自分が用意した仕事を忠実にやっていてのミスはその仕事自体のミスと言えよう。

その責任まで実行者だからって、その実行者の所為にする雰囲気がある。

そんなだから、人が居座らない会社になる。

世にある会社は入社当時の仕事にあらゆる仕事が付け加えられていく。
普通なら、報酬も上がっていく。

しかし、報酬も上げないのにも拘らず、仕事だけは責任の重くなる仕事が付け加えられ、増えていく。
これは人手が足りないという経営陣の経営力の無さ、というミスの尻拭いをさせられている。

昔から「正社員は責任をもって仕事をしろ」と洗脳まがいの教えを流布してきたんだな。

正直与えられた報酬以外の事はしなくても良いと感じる。
でも、それを許さない、それが“おかしい”といった風潮はある。

だから、今ネットが普及した現在、このような古い体質の企業に若者は集まらない。
来たとしてもすぐに経営力の無さ、社員に行動も責任も丸投げだとすぐ気付かれる。
若者は賢いと思うわ。

このやり方が通じるのは私より上の、会社至上でしか考えられない世代だろうな。

安い給料で重い責任じゃあ余程の阿呆じゃなければ働かないよ。

しかし、30代以上の世代は「会社の言うことに従うべきで嫌ならやめろ」といった考えが正しいと思っている。
本当にロクでもない世代だよ。
こいつらが今の会社の在り方を作ってきたんだろうな。
現役でもあるから、こいつらが変えていかなければならないはずだがな、本当はね。

嫌なことも嫌と言えず、嫌だったら辞めるしかない。
自分の居場所を変えようともしない、間違ってると思っても是正しようとしない。
どうせ無理だから、みんなやってる、みんなそうだから・・・

下らない世代だったな~

こいつらが作ってきた会社も世代間ギャップで消えていくんだと思う。
若者が来ないから、後継ができない。
そしてこういう会社は、若者が来ないことに危機感を感じない。
今現在の経営にやっとで、若年者育成に気が回らない。

遅かれ早かれ消えていく運命なんだな。

そして、消えてくれた方が個人的には良い。


社員一丸となってというのは経営者の都合のいいエゴだ。
だったら、みな平等の報酬にしろよと。
所詮社員は経営者の“お手伝いさん”でしかない。

このお手伝いさんに責任を負わせること自体経営者の器の小ささが伺える。

社員で雇われている人たちには、会社にそこまで尽くすことはないと言いたいものだ。

そんなに責任持って仕事したいなら、起業するよ気が利く人間ならナ。
そうでもなく、会社に雇われていながら、ただの社員のくせに新人とかに責任持てと言ってる人間見ると滑稽でしかない。

自分で仕事を創る“経営者”にでもなっているつもりなのか?
ただの“雇われ”でしかないのにな。
まあ、経営者に洗脳されて、“経営者”の教えを広めている会社しか拠り所の無い会社の信者なんだろうけど。

賢く雇われている人間は、余計な責任も持たない、余計な仕事もしない。

出世もしたくない。

まあ、これも会社によるが、出世するより平でいる方が拘束時間と給与の関係上得な場合もある。
単純に出世したい奴は給与以外に世間に認められた“立場”が欲しい場合もある。
くだらん猿山の大将でも地位が欲しい奴は欲しいからな。

純粋に実力で地位を得たいなら自分が経営者になるだろうしね。


会社に雇われている社員である以上、会社を回している一員だとは思わないことだ。
所詮お手伝いレベルでしかない。

それは報酬が物語っている。

会社を回しているのも、責任を負うのも役職がついてからだ。

個人的にはアルバイトとさして変わらん。


会社で社員をする目的は、大した責任も負わず、そこそこの報酬でそこそこの労力を提供し働くことが嫌いな奴らが世間体を保つためのもの。
そんなところで“頑張る”事が出来るくらいなら、自分で事業を起こした方がマシだろうな。

会社で頑張って出世しても、結局誰かの下でしかない。
会社を乗っ取れば別だけど。

仕事を頑張れと雇われてる人間に言うのも、頑張って他人が用意した仕事をするのも何か違う。
頑張りに対する報酬がないのに頑張れはないだろう。
今の会社は頑張ることが損に繋がることが多い。

なにかミスすればここぞとばかりに責め立てられるが、なにかを成し得た場合に褒められることは稀だ。
もちろん報酬も変わらず、「やって当たり前」と一蹴されるだろう。

会社で働くことは必要以上に頑張らないことだ。

この風習が生産性を下げてるとも言えるがね















関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ちっぽけな
このこころざし
宇宙に届け

いやなにきび
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
検索フォーム
いろいろ語ってます

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
仕事中震災に会った