人は生まれながらに自由と平等の権利をもっている?

本気で思ってる人はいじめはいじめられる方が悪いとは思えない


人は生まれながらに自由と平等の権利をもっているとか言っている奴いなかったっけ?
子供ながらにアホな事言ってるなと思ったものだ。

人生において生まれながらに保証されているものなどない。

現に生まれてすぐにこの世を去るモノだっている。

当たり前のように生きる権利を持っていると思っていることがおこがましい。

これを妄信している奴がいじめられる。
世の中いじめがある方が間違ってる、そんなひどいことは許されないとか思った時点で世界を舐めてる人生舐めてる。

どんな種族も劣等なモノを排除する機能があると私は考える。
優れたものが劣っているものを排除するのは自然な事。

ここで言う優れたものとは排除することができるもの、劣っているものとは排除される“しか”できないもの。
人間の善悪は関係ないと考える。

いじめや挫折で自殺は問題なのか?
大した問題ではないな。

なぜならそれは全体のごく一部でありそれによって種の滅亡が引き起こされる事はないからだ。

そもそも自分が淘汰されないで自由な権利があると教えるのはどうかと思う。

生きていれば理不尽な事だらけだ。
人権があるとは思えないとすぐに気づく。
権利は無条件にあるモノじゃなく勝ち取らねばならないことに。

いじめで例えるとなんで自分がいじめられる。
この「なんで?」と思っているなら何も理解していない。
そこに理由はない。

強いてあるといえるものがあるなら、いじめられる自分をいじめてくる奴は自分より強く優れていると言う事だな。
ここに善悪は関係ないとしつこく言っておく。

逆に言えば優劣が逆転すれば立場も逆転すること。
生物はこんな単純な機構なんだよ。


まあ、生まれながらに生きる権利を持っていると人間に教え込まれ自然から学ばない奴には分からないだろうがな。
いじめ差別争いはこの世からは絶対になくならない。
生きていきたいなら勝者であり続けるしかない。

それを理解しない人間が多いんだな~

きれいごとを垂れ流すのもいいが現実を見てなぜそういう事が起きるのかを考えてほしいものだ。

人権は生まれながらに持っているものではない。
それなら法の目が届かないところでも守られていなければおかしい。
誰も何もないところで自分を守れるものは法でも権利でもなく自分の力のみ。

現実は人権も法も抑止力でしかなく、それが通じない場合もある。
当たり前のように自分は生きていけると思う間抜けほどなにかに会った場合騒ぎ出す。
このような劣等種は自らこの世を去ればいい。

人権などまやかしだな。
立場による差別、優劣による迫害が存在するんだからな。

それを自分の弱さ無能さに目もむけず、世間や環境の所為にしてる奴ほど「なぜ自分が?」と喚き散らす。
そしてこういう奴ほど人権が~とか宣う。

だからそういう憂き目に会うのだと言うのに。

普通に考えて弱者に自由があるわけなかろう。
他人を自分の能力で認めさせることができる強者が初めて権利を得られるのだ。

もちろん生きる権利もな







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ちっぽけな
このこころざし
宇宙に届け

いやなにきび
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
検索フォーム
いろいろ語ってます

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
仕事中震災に会った