米軍基地の思い出

小学1年の頃近所の米軍基地のフェンスにぶら下がってた。
そうしたら基地内を走ってた車から二人の兵士?らしき奴ら2人が凄まじい剣幕で走ってきた。
肩からは身長の半分以上はある銃をかけてね。

こちらは3人の小学一年生。
フェンスはおそらく3メートルくらい。
その上には有刺鉄線が反り返るようについてた。
ガキが上って基地内に入れるようなフェンスじゃあない。

フェンスはともかく当時の我々では有刺鉄線を超えられそうもない。

3人のうちフェンスの0.5メートルあたりにぶら下がってただけなのにな。
しかも小さい子供が。

その兵士らしき奴らは怒鳴り散らしながら走ってきてフェンス越しにわけわからん言葉(英語だろうが凄い早口)で5分間くらいは怒鳴り散らしてた。

犬ににらまれた時も逃げたら後ろからやられると思ったが、この時もそうだった。
逃げたら後ろから持ってた銃で撃たれそうだったから背を向ける事も出来ない。
小さい子供3人はでかい銃を持った大男2人から逃げる事が出来なかった。

小学生3人に二人の大男は上官が一般兵に喚き散らすように高圧的に延々と説教?(言葉が分からん)された(笑)

今にして思えばこんな奴らだもん。
簡単に人殺すわな。

たかだかガキ3人にも容赦ない徹底ぶり。
射殺しても侵入者と言い張り正当化するガキとすら真面目に敵対する世界の大国。
そら気に入らねえ黒人様なんぞ殺すのわけないな。

死人に口なし。
無抵抗な人間を抵抗したと言える。
半端に生き残って証言されるより殺した方が手っ取り早いもんなあ。

まあ我らは散々罵られた挙句大男二人は何事もなかったかのように走って去ってったから助かったが・・・
獣ににらまれた如く動けなかったね。フェンス越しなのに。

糞うるせえ鉄の塊で騒音まき散らしガキの頃から気に入らなかったが今も気に入らねえ。


今にして思えば鬼畜米英を学べたからいい思い出だわな。

あの時の友達とは会ってないがこれ覚えてるかな~







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Secret

スポンサーリンク
プロフィール

ひろし

Author:ひろし
ちっぽけな
このこころざし
宇宙に届け

いやなにきび
月別アーカイブ
カテゴリ
楽天
検索フォーム
いろいろ語ってます

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
仕事中震災に会った